おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
おすすめ情報

教育カウンセラー資格取得後、他の区分へ変更したい場合、資格認定試験を受験します。変更希望者は、受験要綱を事務局に請求して、受験申込書を提出。試験合格後、カウンセラー認定委員会理事会にて承認を経て通知されます。上級カウンセラー資格試験の受験料は、21,000円となります。(事務手数料含む)

患者さんの心の問題解決や、サポートを行なう事が、カウンセラーの仕事ですが、やはり第一に患者さんの思いを一番に考え、カウンセリングを行なう必要があります。いくつもの悩みが複雑に絡まっている場合もあります。それらをひとつひとつ丁寧に、患者さんのパースを守って話を聞く事が、今カウンセラーに求められています。心理カウンセラーはまず患者さんの話をよく聞くことから始め、解決へ導いて行く事が大切です。

問題にぶち当たることは誰しも経験しますが、決して心地よいものではありません、しかし、そんな経験から大切な教訓を学び、成長する機会となることも多いです。相談者の事情によって、問題への触れ方には細心の注意を必要としますが、カウンセラーは専門知識を持って、各ケースにあたり、相談者に自問自答をさせ、経験から意味を見出すまでサポートをします。つまりキャリアカウセラーは、相談者の悩みや問題を分析し、相談者の成長を促し、それこそが、キャリアカウンセラーの本質と言えるでしょう。